• 医院案内
  • はじめての方へ
  • 医院案内
  • 院内設備
  • ドクター紹介
  • アクセス
  • 求人情報
  • 診療メニュー
  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 歯周病治療
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 噛み合わせ
  • ホームドクター
  • 雑誌『わかさ』に掲載されました
  • お支払い方法について
QRコード対応ケータイをお持ちの方は上記のコードを読み取るだけで簡単にアクセスが出来ます。
予防歯科

平均残存歯数の比較

~なぜ、日本人の残存歯数は、欧米に比べて少ないのでしょうか~

動物は、歯が無くなると、死んでしまうという話を聞いたことがありますか?
これは、人間にも当てはまることです。年を取っても、元気な方の共通点、それは歯が健康であるということです。
この歯の大切さを日本人のどれだけの方が、理解しているのでしょうか?
欧米では、歯の定期クリーニングを行うことは、
一般的で、歯の大切さを認識しています。
その結果、グラフのような違いが表れてくるのです。


定期的なクリーニングは歯周病の予防や進行の抑制に非常に効果が高いことが学会で告されています。 このグラフを見てください。ブラッシングを自分なりにしっかりして治療もきちんと受けていても、80歳の時点で歯の数はやはりわずかに6~7本しか残っていません。
ところが、きちんと最新の予防プログラムを受けた人は80歳でも約16本残っているんです。
これは大変な差だと言えます。
この数は、アメリカや欧米などの歯科先進国では、大きさ差があります。この数を増やすことが私たち歯科医院の使命だと言えるのかもしれません。

歯の予防・歯のクリーニングについて

「きちんと毎日磨いているのになぜ毎年のように虫歯ができるんだろう?」と思ったことはありませんか?

これまで虫歯の原因というと、歯質、虫歯菌、砂糖などといった条件がそろうと発症するといった説明がされてきましたが、最近ではより詳しいメカニズムが分かってきました。また、その予防法もかなり確立してきました。これからは、「ただ単に一生懸命磨く」だけでは、真の予防は難しいでしょう!

「最近、歯のクリーニングという言葉をよく見かけたり耳にしたことはありませんか?」
プロの技術で口の健康を保つ環境づくり「ピー・エム・ティー・シー」歯のクリーニングをご紹介します。

プロによる歯のクリーニング(PMTC)



P.M.T.C(プロフェッショナル・メカニック・トゥース・クリーニング)とは、歯科衛生士によって行われるプラークコントロールの機械的な方法です。歯周病や虫歯の予防はもちろん歯を白くする効果や歯周病や虫歯のリスクを減らせます!

歯周病や虫歯を引き起こす元凶、プラーク。オーラル・バイオフィルムとも呼ばれます。粘着性があるので、雑なブラッシングでは歯がたたない、何ともやっかいな存在です。バイオフィルムを取り除くには毎日の丁寧かつ適切なブラッシングが必要ですが。しかしながら何事も完ぺきにするのは難しいものですね。
歯ブラシが届きにくいところに、バイオフィルムの切れ端が残ってしまうことが多いんです。それをきれいに取り除くことを可能にするのが『PMTC』プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング。「専門家による機械的歯面清掃」。歯のクリーニングです。所要時間は30分~1時間程度。痛みは全くありません。「途中で居眠りをしてしまう患者さんもいらっしゃいます。痛みや出血がないのが、ほかのケアと一番違うところではないでしょうか」当院歯科衛生士談。

一般的なホームケアでは行き届かない部分(特に隣接面)をより滑らかに、より清潔に保つことにより、プラークの再付着を予防します。
また、発病に関与する細菌を、通常おろそかにしているリスク面から、完全に除去または著しく減少させることができます。クリーニング後の気持ちよい感覚は、貴方にホームケアの努力を奨励することにもなるでしょう。特殊なブラシやゴムのカップなので、もちろん痛くはありません。

こんな方にオススメ

タバコを吸っていて、ヤニが気になる方
歯石がつきやすい、または歯が汚れやすいと感じている方
歯ぐきが腫れたり、出血のある方
入れ歯やインプラントのお世話にはなりたくない方
歯ぐきが痩せて、歯が長くなったと言われたり、ご自身でお感じの方
歯周病やむし歯の予防をしたい方
何歳になっても自分の歯で食事を楽しみたい方
PMTCとは

PMTCの効果

バイオフィルムの破壊
※ミュータンス菌などの細菌が集合体を作り、歯の表面に形成された膜をバイオフィルムといいます。


菌の菌力を弱める→虫歯になりにくい口腔になる。

歯周病 ・ 歯肉炎の予防。

きれいな歯を保つ、口臭の予防。

PMTCの流れ

1.治療計画
歯の染め出し検査などを行い、お口の中を診査して、現在のお口の状態を説明し、今後の治療方針をご相談します。
2.歯石除去
専用の器具を使って歯石を細部までとります。
3.着色除去
重炭酸ナトリウム塩を専用の器具から吹き出して、歯の表面のヤニや茶渋などの着色をとります。
4.研磨
専用のジェル(フッ素配合)を使って、歯と歯の間や表面を1本ずつ丁寧に磨きます。
5.フッ素塗布
仕上げに、口の中を洗い、歯質を強化するフッ素を塗布します。
6.ホームケア
最後に、家庭でのブラッシングの指導や今後の計画を話し合います。

PMTC料金

患者さんのリスク、歯の汚れ具合などによって、さまざまなケースがあります。詳しいことはご相談ください。

例)上顎¥5,000  下顎¥5,000


専用の器具によるクリーニング(約30分から約60分)
もちろんPMTC後のホームケアも大切です

PMTCよくある質問Q&A

Q1 PMTCって何?
Professional Mechanical Tooth Cleaning の略。
歯科医師、歯科衛生士などの専門家により、さまざまな器具とフッ化物入りペーストを用いて、すべての歯面とその周辺のプラーク(歯垢)を除去する方法です。約20年ほど前にむし歯、歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され、現在多くのリサーチに裏付けられて着実な臨床実績を上げています。

Q2 PMTCはどんな効果があるの?
歯の表面がツルツルして気持ちいいばかりでなく、プラークに含まれる雑菌を落とすことによるむし歯・歯周病予防の効果があります。また、歯肉の腫れや痛みを抑え、苦痛緩和、歯の延命効果も期待できます。

Q3 PMTCだけで、むし歯や歯周病は治るの?
PMTCはあくまでケア行為ですから、それだけでは病気は治りません。しかし、プロのクリーニングによってお口の中の殺菌のレベルが低くなれば、それだけ治療成績も良くなります。

Q4 PMTCを行うのに最適な年齢はありますか?
年齢によって早すぎる、遅すぎるといったことはありません。プロのクリーニングは、いつから始めても一定の予防効果が期待できます。大切なことは間隔を決めて定期的に行うことです。

Q5 PMTCで歯は白くなりますか?
歯の表面の着色は落とすことができますが、歯の色そのものは変わりません。

Q6 PMTCは何回かかるの?
ケースにもよりますが、通常1回から3回くらいかかります。1回のチェアータイムは約30分から1時間を予定してください。

Q7 PMTCはどのくらいの間隔で行うのですか?
その方のリスク(歯や歯肉の強弱、細菌の強さ、唾液の量、着色の程度、生活習慣など)によってさまざまですが、一般的には3〜4か月に1回の割合で行います。

Q8 PMTCって痛くないの?
歯のクリーニング専用に開発された特殊なブラシやゴムのカップなどを使うので、痛くありません。
PMTCの特長は爽快感と快適さにあります。

Q9 PMTCはだれが行うの?
歯科医師が行う場合もありますが、通常歯科衛生士が行います。

Q10 PMTCにかかる費用は?
患者さんのリスク、歯の汚れ具合などによって、さまざまなケースがあります。詳しいことはご相談ください。